2018.04«  05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  »2018.06

現在の予定、お知らせなど

M-Unitのサイトはこちら

2018年5月18日の時点でのmasaの予定は
◆ボークス『バルドスカイ カゲロウ』④ノンスケールレジンキット・・・仮完成状態
◆ボークス『バルドスカイ アイギスガード』④ノンスケールレジンキット・・・製作中


その後の製作予約は以下の通りです。
◆げるまにうむ『ねずみ』ノンスケールレジンキット

予約分全てが完了するのは2018年一杯、或いはそれ以降になると思われます。
 


《完成品ギャラリー一覧》

1/12ミニチュア楽器 Bacchus BJB-98

[ 2018.05.04 11:12 ] ( 模型 その他)

先日ミニチュア楽器のバンドMONOを購入して
レスポールとショルダーキーボードとアンプが手に入りました。
あとはベースが欲しいんですが、何が入ってるか解らない食玩です。
プレシジョンベースが出る格率は・・・と考えると
とてもあてずっぽで買う気にはなれません。

なので自作しちゃいました。

Bacchus BJB-98 GLAY・JIROモデル
1/12スケール・フルスクラッチ

ST142357.jpg
 
 
 
昔買ったGLAYのJIROモデルが廉価な中では驚くほどのハイクオリティデイで
今でも気に入っている1本なので、それをモデリングすることに。
まぁジャスベースタイプはボディシェイプもシンプルで
作りやすいというのもあります。

出来るだけ正面からデジカメでベースを撮影して、
1/12に縮小してプリントしたものを型紙にしました。
型紙を1mmプラ板に貼って切り出しを繰り返して厚みを出してから
形状を整えました。
1473332_2284732501_59large.jpg
ツマミやペグ周辺に真鍮線を使用。
弦はピアノ線だと巻きにくいだろうと思い、
毛羽立ちが気になりますが裁縫糸を使用しました。


フレットは造形するのは無理と判断してマスキングで処理。
DSCN9214.jpg


出来るだけマスキングしたくなかったのである程度リアルなパーツ構成で製作。
塗装後に何ヶ所かは接着しました。
DSCN9216.jpg






本物。
ST142354.jpg ST142355.jpg ST142356.jpg

完成したミニチュア。
ST142357.jpg ST142358.jpg ST142359.jpg
全長は1/12スケールなのでおよそ97.5mmです。
ネックの厚みは耐久性が心配だったので本物よりも厚めにしてしまいました。





ピックガードの白貝殻調の表現は全然出来てませんね。
ラップ塗装である程度雰囲気を出せるかと思ったんですが甘かったです。
ST142360.jpg ST142360a.jpg

ペグは裏面を取り外せばペンチなどで軸を回して
弦を緩めたり増し締めしたり追加調整出来ます。
ST142361.jpg

指板正面と側面のポジションマークはエナメル塗料で手描き。
ST142361a.jpg





レスポールとサイズ比較。
今は亡きオービルのレスポールカスタムと並べる。
ST142363.jpg

バンドMONOのレスポールと並べる。
ST142364.jpg
レスポールとの対比はまぁまぁリアルに出来たようです。




ホーネットに持たせてみる。
右手もリトルアーモリーのマガジン握り手にしたら
親指を立てたスラップ奏法に見えたりして?
ST142366.jpg

ST142367.jpg

ST142367a.jpg


ST142368.jpg

ST142370.jpg

ST142371.jpg




蛇足 :
Bacchus BJB-98 GLAY・JIROモデルについて
まず本来のジャズベが実は個人的に嫌いです。
サステインのためか知らんけどヘッドがデカ過ぎて重量バランスが悪く、
演奏中に頭が下がって来るのがどうにも我慢出来んのですよ。

その点このJIROモデル、ミディアムサイズの軽量オリジナルヘッドになっていて、
ボディのアルダー材がよく乾燥していて軽量に仕上がっているのと相まって
非常にバランスが良くて楽です。

塗装も特徴的。
不透明ラッカー塗装なのに木目が透けて見える。
つまり塗膜が薄いって事ですね。
塗膜による音響特性の差が解るような人間じゃないんですが、
ウレタンやラッカーによるトップコートをしていないこの極薄塗膜は
オイルフィニッシュの次ぐらいに弦振動を邪魔しないんだろうと思います。

一つオモシロポイントとしては
ヘッドのロゴしたの英文。
ST142375.jpg
BEGINNINGの綴りが間違ってますね(笑

裏面の補強プレートの刻印はちゃんと綴り合ってますけどね。
ST142376.jpg

ブランドの重要なキャッチフレーズで誤植やらかしちゃった担当者の
首が飛ばなかったか、少し心配です。
スポンサーサイト

コメント