2018.04«  05/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  »2018.06

現在の予定、お知らせなど

M-Unitのサイトはこちら

2018年5月18日の時点でのmasaの予定は
◆ボークス『バルドスカイ カゲロウ』④ノンスケールレジンキット・・・仮完成状態
◆ボークス『バルドスカイ アイギスガード』④ノンスケールレジンキット・・・製作中


その後の製作予約は以下の通りです。
◆げるまにうむ『ねずみ』ノンスケールレジンキット

予約分全てが完了するのは2018年一杯、或いはそれ以降になると思われます。
 


《完成品ギャラリー一覧》

HG IBO グレイズEZ

[ 2017.03.12 16:41 ] ( 模型 息抜きのガンプラ)

ガンプラの改造、カスタムといえば普通は強い機体を捏造するもんですが
敢えてヘボ機体を作りたくなる時もあるわけです。
そこで一年ほど前に作ったグレイズのオリジナル機体が・・・

鉄血のオルフェンズ
【ギャラルホルン訓練機《グレイズEZ(イージー)》】2016年2月製作

ST125878.jpg
 
 
 
製造時にどうしても発生してしまう不良個体の中で
エイハブリアクターの出力が本来の60~80%程度しか出ない機体に
旧式のスラスターユニットを装着して低出力機として調整したものである。

主に入隊直後の隊員の初期訓練や学生の体験イヴェントなどに使用される。
不慣れな操縦者がブレーキとアクセルを踏み間違える的な失敗をしても
周囲のノーマルグレイズで簡単にフォロー出来る。

そしてエイハブリアクターが低出力なので装甲の硬化反応も弱く、
実戦には全く適さない。

あらゆる場面に於いて目立つようにちょっと頭悪そうな黄色に塗装されている。
また、メインカメラや胸・背中の本来黄色く発色している箇所は
エイハブリアクターの出力の低さに比例して、
通常機とは異なった発色をしている。

(民明書房デジタル 『グレイズ ~その全ての系譜~』より抜粋)


ST125866.jpg ST125867.jpg

ST125868.jpg ST125869.jpg

ST125870.jpg ST125871.jpg

ST125872.jpg ST125873.jpg

いわゆる「スコットバイファム」をイメージして制作。
格好良さとヘタレ感の両立がコンセプトです。
フレームはコレクション共通じゃないといけないので無塗装。
外装のみ塗装しています。






リアクターの出力の低さに比例して(?)
リアクター関連やセンサー類を黄緑に統一しています。
ST125874.jpg

背中のブースターはヘナチョコ感が欲しいので
5mm角棒と市販スラスターを組み合わせて
手頃な関節が無かったのでフィギュア用の薄型関節技でマウントしました。
ST125875.jpg ST125876.jpg

武装はMSオプションセット1のシュヴァルベグレイズ用ショートバレルライフルが
小型マガジンなど丁度良い感じにヘボいのでそのまま使いました。
ST125877.jpg


ST125879.jpg
スポンサーサイト

コメント