2017.09«  10/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  »2017.11

現在の予定、お知らせなど

M-Unitのサイトはこちら

2017年8月5日の時点でのmasaの予定は
◆ワモノー 『Fate/Grand Order 宮本武蔵』nonスケールレジンキット・・・製作中


その後の製作予約は以下の通りです。
◆ボークス『バルドスカイ カゲロウ』④ノンスケールレジンキット
◆ボークス『バルドスカイ アイギスガード』④ノンスケールレジンキット
◆ボークス『バルドスカイ カゲロウ』⑤ノンスケールレジンキット
◆げるまにうむ『ねずみ』ノンスケールレジンキット

予約分全てが完了するのは2018年一杯、或いはそれ以降になると思われます。
 


《完成品ギャラリー一覧》

ヴェドゴニア&デスモドゥス

[ 2008.02.13 23:04 ] ( 模型 旧作ギャラリー)

埋もれるには(個人的に)惜しいと思える旧作品もギャラリー公開してみます。

吸血殲鬼ヴェドゴニア  ヴェドゴニア&デスモドゥス

発売元:山武雷 蔵夫徒(サムライクラフト)
原型製作:S.I.N
1/12スケール(レジンキット)


2007年8月頃完成

IMGP3004.jpg
自主製作。大好きなゲームのキャラなので心ゆくまで徹底改修。

完成直後、厚かましくも山武雷 蔵夫徒様に写真をお送りしてコンタクトを取ってみたところ、
首領・S.I.N様から熱いお言葉を頂戴しました。
その感動が今でも僕の製作モチベーションの核になっています。

その後、某レンタルケースで非売展示していた時に
大阪のヒーロー玩具研究所社長さんから熱烈なラブコールを頂戴したので、お譲りしました。
今もでんでんタウンの店舗二階奥に飾られて・・・るのかな?

IMGP3005.jpg

IMGP3006.jpg  IMGP3007.jpg

IMGP3008.jpg  IMGP3009.jpg

IMGP3010.jpg  IMGP3011.jpg


ヴェドゴニアは全身のベルトのモールドの形状を整え、金具部分は糸ハンダを成形して貼り込みました。
リベットの小さい物はアドラーズネストの非常に高精度なリベットを打ち込み、
大きいリベットはプラ棒の先を丸く削って貼り込みました。

デスモドゥスはTAMIYAのプラキット 1/12ハヤブサをベースに使用する改造キット。
ハヤブサのエッチングパーツが入手出来れば
それを使いたかったのですが、残念ながら入手出来ず。
代わりに2種類ほど適当なバイクのエッチングパーツを買ってそれらしいものを貼り込み。
オートバイの知識がないのでなにか凄い勘違いをしているかも知れません(;´Д`)
カウルのなどの厳めしいボルトも
アドラーズネスト(だったと思う)SAKATSU(有限会社さかつう)
の六角ボルトヘッドを打ち込みました。

IMGP3012.jpg  IMGP3013.jpg

IMGP3014.jpg  IMGP3015.jpg

IMGP3018.jpg  IMGP3019.jpg

バイクの塗装
◆カウル : スーパーアイアン+クリアーブラック
◆マフラーなど : スーパーステンレス
◆フレームなど : スーパーファインシルバー
◆ホイールや足回りのレバー類 : スーパーチタン

IMGP3035.jpg  IMGP3036.jpg

IMGP3037.jpg  IMGP3038.jpg

IMGP3039.jpg  IMGP3040.jpg

IMGP3041.jpg  IMGP3042.jpg

血液はエナメルのクリアーレッド。
サメ怪人のアゴから滴る部分は瞬着を滴らせた状態を瞬着硬化スプレーで硬化させてから塗装。
こういう時の瞬着硬化スプレーは高純度なWave製などがお勧め。
大容量缶のアルテコなどのスプレーは泡立ちながら硬化するので綺麗なクリアーになりません。
黄ばんだ脂みたいな部分は白い瞬着シアノンを使用。

IMGP3043.jpg  IMGP3046.jpg

IMGP3047.jpg  IMGP3048.jpg

IMGP3053.jpg

レイジングブル・マキシカスタムはグリップもホルスターも適当に作り直し。
グリップは手描きで木製っぽく?
グリップ下はプラ板とプラ棒を削って形状出し。
後ろの杭状のものは真鍮線を削ってぶっ刺し。
スポンサーサイト

コメント